· 

わたしの役割

会うたびに笑顔をくれる人たちがいます。

それは

友達だったり

仕事先の人だったり

お気に入りのお店のスタッフさんだったり。

関係性は様々ですが

大切に想っています。

笑顔をもらっている分、

いやそれ以上のモノを

わたしもその人たちに贈りたいと

いつも思います。

 

 

 

 

blogをもう少し続けてみることにしました。

ずーっと迷いながら続けてきて、

この夏からは本格的に悩んでいました。

「自分なんかが発信をしていいのだろうか?」

「こんなわたしが何を言ってるんだろうか?」

自分のことを

最低な、ダメなヤツだと知っているから

悩んでいました。

 

 

 

でも、決めました。

 

こんな言葉をもらったんです。

「自分で欠点だと思っているそこは長所だと思うよ。

 そこがあるから、共感してくれる人がいるんじゃないかな。」

 

ダメな自分だからこそ

伝えられることがあるんじゃないか。

 

自分の弱さをさらけ出すことで

ほっとできる人がいるんじゃないか。

 

三途の川に片足突っ込んだことがあるこんな人間でも

何度も転びながらどうにか歩いていることを知って

「あの人でも生きているなら、自分は大丈夫だ」

なんて思う人がいるんじゃないか。

そう思いました。

 

 

 

 

本当はやめた方がきっと気が楽になるのだと思います。

怖いし、不安だし、しんどいです。

「あんなの意味あるの?」

「事業に必要?」

「自己満足でしょ?」

そう思っている人がいることも知っています。

 

 

 

わたしにとって

自分のためのblogではなく、

誰かのためのblog。

1人でも2人でも

誰かの役に立てることがあるはずだから

もう少し続けてみます。

 

きっと、それがわたしの役割。