· 

デリカシーのない友人との出逢い

日々、いろんな感情と格闘している

「The繊細野郎」なわたしが

不思議でたまらないこと。

 

友人やお仕事で長くお付き合いしている人には

自分と似たタイプの「繊細さん」がとても多いんです。

1人の人とじっくりと生き方について語ったり、

共感したりすることが

わたしにとっては大切なキャッチボールだからかもしれません。

 

 

 

ただ1人、ずば抜けて「No繊細」な友人がいます。

そのデリカシーのなさで

何度私を落ち込ませたか(苦笑)!

 

でもね、話しているととても心地がいいんです。

なんとも不思議。

考え方も

生き方も

180度違うのに

心のキャッチボールがスムーズにできて心地いいんです。

 

 

デリカシーのない人の定義も難しいところですが、

(わたしにとっての)デリカシーのない人は苦手…。

ズバズバ物事を言われることが得意ではないですし、

相手のさもないひと言で深く傷ついてしまうから

自分が疲れてしまいます。

 

 

 

そんなわたしが

この友人と一緒にいて心地いいのは。

根本はその友人はやさしい人で

わたしに対してもなんの悪気もなく言っているから。

わたしも、過剰に本音を探る必要がなくて楽だから。

なのかな?と思います。

 

と言いながらも、

正直なところ

やっぱり不思議でなりません。

 

 

人と人なんて

理屈ではないんですよね、きっと。

 

 

 

この友人との出逢いは

わたしの世界を広げてくれる

貴重な出逢いだと感じています。

 

 

出逢ってくれて

ありがとう。