· 

第一線で活躍する、って?

ニュースを聞いていて

「第一線で活躍する…」

という言葉に、ふと手を止めました。

第一線ということは、二線も三線もあるのかな?

ググってみたら

「第一線=ある方面の、最も活発で中心となる位置」

う~ん、なんだかモヤモヤ。

 

 

 

 第一線の言葉の意味が腑に落ちないのではなく、

 第一線だけが注目されるのが、腑に落ちないのです。

 なんだか、そうしたら表に出ている人や自己主張ができる人だけが

 頑張っているように見えてしまうような…そんなモヤモヤ。

 

 

 

 桃太郎が鬼退治できたのも、きびだんごを作って送り出してくれたおじいさんやおばあさんがいたから。

 優秀な家来のサルやキジがいたから。

 (もちろん、桃太郎の努力や勇気も素晴らしいと思っていますよ!)

 

  

 

 ただのひねくれ者かもしれません、わたし。

 

 でも、少なくとも

 いわゆる「第一線」ではない人の存在に気付ける自分でいたいのです。

 そして、日の当たらないところで

 地道に頑張っている人の魅力を発信したいのです。