· 

悩みや葛藤

私の愛読書「福に憑かれた男」の作者

喜多川泰さんのカレンダー。

いつもデスクに飾っています。

 

 

 

「ブログ読んでいます!」

とちょこちょこ声をかけていただけます。

頑張って続けていてよかった~と

その言葉にパワーをもらいます。

 

一方で、もう1つ言われる言葉が。

「あのブログって、俺のこと書いたの?」

「私のことでしょ?」

です。

どちらかと言うと、よくない雰囲気で聞かれるので

言葉にしなくても、同じように思っている人がもっといるんだろうな、

と感じています。

 

でも、ご安心ください。

私、基本的に自分のことを書くようにしております。

 

 

 

 

では、なぜ、そう感じる方がいるか?

それって、わたしの悩み、みんなの悩みは

誰もが抱く悩みだったりする、

ということではないのでしょうか?

人間関係に悩んだり

生き方に悩んだり。

誰しもが抱えるものなのではないか?と感じます。

 

そんな悩みや葛藤を抱いていることが

なんだかかっこ悪いような気がしたり

よく分からないけど恥ずかしいような気がしたりするから

無意識に隠したくなるんじゃないのか?

そんなことも感じます。

 

誰かにかっこ悪いなんて言われてもいないのに…

不思議ですよね、人間って。

 

 

 

私も以前はひたすら隠していたと思います。

自覚はありませんでしたが。

 

でも、どん底を経験したら

何かが吹っ切れました。

かっこ悪く生きてもいいじゃん!

かっこ悪いのを貫いたら一周回ってかっこいいかも!

そんな気持ちです。

 

何度も

何度も

くじけそうになっているけど

このブログももう少し続けてみます。