· 

見返したい、という心理

なるべくSNSにネガティブな投稿をしないようにしています。

他の人も嫌な気持ちにさせてしまうのは

結局余計に自分も凹んでしまうから。

 

 

ふっと、思ったんです。

私、小さい頃から負けず嫌いで。

例えば管理栄養士を取得したのも

負けず嫌いが根本にありました。

負けず嫌いは、時に力になると思ってきたし

今もそれを否定はしません。

ただ、負けたっていい時もあるんだな、とか

勝ち負けがすべてじゃないんだな、とか

柔軟に考えられるようになりました。

 

 

 

じゃあ、「見返したい」という気持ちはどうなんでしょう?

誰かを見返したい、って

結局は誰かを許せず、負の感情にとらわれているんじゃない?

そんなことを考えて

「見返す」の意味を検索してみました。

 

『見返す=昔受けた侮りや辱めに対する仕返しとして、相手をしのぐ状態にある自分を誇示する』

 

…なんだろう?

こうして言葉をじっくり見ると

なんだか、全くいい気持ちがしないのです。

 

 

自分の成長のために頑張る!というほうが

断然気持ちがいい。

 

 

 

嫌な人のことをわざわざずっと覚えておく必要はないし、

嫌な記憶を大事にしまっておく必要はない。

だったら、えいっと手放して

自分のことや

好きなことを考えて

そのために成長していったほうが

心が軽くいられる気がします。

 

 

 

と言うのが今の私の答え。

 

あなたは、どう思いますか?