· 

ひとりの時間

仕事の合間にふらっと寄ったお気に入りの場所。

長居はできませんでしたが、

好きな場所の空気を

胸いっぱいに吸い込んできました。

 

 

 

忙しくなると

休みがほしいというよりは

ひとりの時間がほしくなります。

好きな人たちと一緒にいるのが嫌なわけではありません。

そのときは楽しいんです。

ただ、ひとりの時間もほしい。

 

 

誰かと一緒にいるときは

自然とその場にあった役割の自分になっていると思います。

(これは悪い意味ではなく、人間はそういうものではないかと…)

 

ひとりの時間をつくることで

ありのままの自分と対峙できるのかもしれません。

 

もしかしたら

心のどこかで

「誰かがいないとダメ!な自分は嫌。自分の世界を大切にしたい。」

という想いもあるのかもしれません。

 

 

 

理由は定かではありませんが

私にとってひとりの時間をつくることは

誰かと一緒の時間を楽しむためにも

いい仕事をするためにも

必要だと感じています。