· 

摘まれる果実

雄大な自然の中に身をおくと

自分というのは自然の一部なんだと

気が付かされます。

 

 

 

 

農業を体験させてもらっていると

なんだかとても考えさせられるんです。

例えば

摘果といって、

小さな実を摘む作業。

これをしないと

おいしい野菜ができなかったり、

果樹の場合は樹に負担がかかってしまったりします。

 

ようやく形になった果実を摘みながら

今、どんな気持ちなんだろうと想像してみます。

悲しいと思っているのか?

それとも誇りに思っているのか?

 

 

また残された実に対しても

どんな気持ちなんだろうと想像してみます。

ラッキーと思っているのか?

ありがとうと思っているのか?

 

 

そして自分に置き換えてみるのです。

周囲が自分にしてくれていることに、気が付けて感謝できているのか?

誰かのために我慢することを、心からよしと思えているのか?

 

 

 

摘まれる果実の本音は分かりませんが、

小さな果実の気持ちを想像することで

自分の気持ちが見えたり

周囲にやさしくなれたりするような

そんな気がしています。