· 

見えない美しさ

週に3回、農業をさせてもらっています。

農業をするときは

機能性重視の

動きやすい服装。

少し、自分の中にも変化が生まれました。

 

見た目がキレイなこと、

美しいことが

世の中すべてよし、

ではないな、と。

元々、あったそんな想いが

さらに強くなっています。

 

 

そりゃ、オシャレをしたい日もあるし、

キレイと言われたほうが嬉しいです。

でも、そこに執着していても

年齢とともに肌は衰えていくし、

どうしようもない変化も起きるんですよね。

 

 

 

必死で「見かけの美しさ」にしがみつくよりも

自分の「見えない美しさ」=心を磨いて

そこに目を向けてくれる人に感謝していたほうが

気持ちよくいられるんじゃないか?

上手く説明できませんが、

ぼんやりとそんなことを思います。