頭を下げる

子どもの頃は

悪いことをしたら

「ごめんなさい」

と言えたのに、

大人になると

言えなくなるのは、何故でしょう。

大きくなる過程で

無意識に

自分を守りたいという習慣が

癖になるからでしょうか。

 

 

 

潔く頭を下げることのできる大人を見ると

かっこいいと感じます。

 

(もちろん、心のこもった言動であることが

前提ですが、

私のブログを読んでくださる人は

きっとそれができる人。)

 

 

 

 

なんとなく

社会や組織において

頭を下げることは

かっこ悪いような

負けのようなそんな風潮。

でも、そうなのかなぁ…?

 

 

 

 

 

上の立場の人が

もしも自分のために頭を下げてくれたら

私なら、報われた気がします。

「何かあったら、自分が責任をとる」

なんて言ってくれたら

全力で頑張れます。

 

 

 

 

だから、そこのあなた。

かっこ悪くなんてないし、

情けなくもない。

胸を張っていていいんじゃない?

 

今、上手くいかないことは

次に活かせばいいのだから。