「大丈夫?」

「大丈夫?」

と聞かれたら

「大丈夫です」

と言ってしまいがちです。

大丈夫じゃなくても。

 

 

「大丈夫?」

という言葉は、時に酷だなと少し前に思いました。

そして、自分がもしかしたら

安易に使っていたかもしれない、と

ハッとさせられました。

 

患者様や友人に

「大丈夫?」

と声をかけ

「大丈夫です」

と言わせていたかもしれない。

自分自身は、

聞いたことで安心して、相手の

「本当は、大丈夫じゃない…」

という本心に気が付けずにいた、

もしくは気が付かないふりをしていたかもしれない。

 

 

そんな話を後輩にしていて

「じゃあ、なんて聞くのがいいかな…」

と2人で考え込んでしまいました。

 

 

 

そんなやりとりを今月の頭にしたのですが、

先日、まさに

「大丈夫ですか?」

と声をかけたい状況の人と会う機会がありました。

 

相手の方の状況や気持ちを想像してみて…

私が辿り着いた答えは

『さらりと状況を聞いてみること』

『あえて普通にふるまうこと』

でした。

 

 

正解だったかなんて分かりません。

ただ、自分の気持ちを素直に伝えてみました。

 

 

 

気遣いって本当に難しいです。

周囲から見たら

気が付かない気遣いも世の中にはたくさんあるでしょう。

 

さりげない気遣いができる人になりたいです。