頑張らないで

先日、大好きな人生の先輩の誕生日でした。

 

 

おめでとうのメッセージのやり取りの返信に

「なんだか同じ匂いがするよね」

と。

とてもとても嬉しかったです。

 

 

その先輩は

いつも髪も服装もビシッと決まっていて

仕事もできて

人望も厚い人で。

そんな人とこんな私が『同じ匂い』なんて

とてもおこがましいのですが、

私もどこか似ているとずっと感じています。

 

 

上手く言葉では表現できません。

 

ただ、言えるのは

その先輩が仕事で成功していくたびに

「壊れないかな」

と心配でたまらなくなるのです。

 

 

他の先輩のお知り合いが

「頑張ってね!」

とSNSでコメントをしているのを見ると、

「頑張って、って言わないで!!」

と胸が痛くなります。

 

だって、先輩は、

毎日、頑張っているんだもの。

 

 

 

例えば、

ゴール間近のマラソン選手は、

「頑張って!」

と誰かに言われたら、パワーをもらって

残りの道のりをより走れるでしょう。

それは、いい『頑張って』だと思います。

 

 

 

でも、毎日、ギリギリの状態で頑張っている人に

「頑張って!」

の言葉は…

時に、残酷です。

言われほうは、

「もっと頑張らなきゃ」

「私は頑張らないといけない」

そんな風に、自分をどんどん追い込んでしまうこともあるから。

 

意識朦朧として、ふらつきながらも

懸命に走っているマラソン選手には

「頑張って!」

よりは

「休んでいいよ、十分頑張ったよ」

と、私なら声をかけてあげたい。

 

 

 

だから、

先輩にも言いたいんです。

 

あんまり頑張らないでね。