· 

嫉妬

この夏、

『嫉妬』を感じた瞬間がありました。

 

それは、明らかな嫉妬。

一瞬にして、嫉妬の炎がボッとつきました。

 

 

 

その時に

私は

自分自身に対して驚きました。

 

嫉妬を感じたことがとても久しぶりだったこと.

そして

嫉妬の炎が、すぐに消えたこと。

 

 

 

あれ?

どうした、私!?

という感じです。

 

 

 

もしかしたら

 

嫉妬の感情に囚われるほうが苦しいから、

私は無意識に、

楽なほうを選ぶようになったのかもしれません。

 

妬んでも相手が変わるわけじゃないもの。

だったら、自分に矢印を向けたほうが

自分の成長に繋げられるもの。

 

 

 

嫉妬の感情を抱くこと自体は、

あって当たり前、と私は思います。

また、嫉妬の炎が点火したら

「私も人間なんだなぁ」

なんて思いつつ、

フッとその炎を消していきたいと思います。