· 

鉄の女

昨日の帰り道。

コンビニでアイスを買って

夕陽を眺めながら

ふと思いました。

 

 

前の私は「鉄の女」だったなぁ、と。

 

 

実際は、脆くて危なげだったことを

知っている人は知っているのですが、

少なくとも一部の女性たちには

確実にそう思われていました。

 

 

「強い人」

「仕事人間」

そう言われていました。

 

 

自分自身、とことん仕事をしないと気が済みませんでした。

 

 

 

仕事大好き人間の私にとって、

正直、今でも

あの時のようにバリバリと仕事をしたい、という気持ちがあります。

今の仕事のデキなさ具合に

不甲斐なく思うことが多々あります。

 

 

 

 

でも…。

仕事云々を横において

「自分らしさ」で考えた時。

前の自分と今の自分どっちが好き?と問いかけたら

迷わず、

『今の自分』と答えます。

 

 

泣きたい時に泣ける。

頼りたい時は頼る。

ぼ~っとしたい時はぼ~っとする。

好きな人と付き合う。

空を眺める余裕がある。

心から笑える。

 

 

そんな自分だからこそ

できる仕事があるんじゃないか、

そう思うんです。

 

 

「鉄の女」

私には向いていなかったんだな~

と実感すると同時に、

よく頑張ったな~と

過去の自分を褒めてあげたくなった帰り道でした。