· 

デキる男

「男前ですね」

「ワイルドですね」

「姐さん!」

と呼ばれることが、この1年でグッと増えました。

 

 

私自身、『自分』というものが

女性的な部分と男性的な部分が混在している人間だと

再認識しているこの頃です。

 

 

輝いている大人の女性を見ると憧れる自分。

仕事がデキる男性や粋な男性を見ると憧れる自分。

どちらも本心からの憧れです。

 

 

特に男性への憧れは強い!

性別を超えて

「こういう男に生まれたい!」

と心の底から思います。

 

 

仕事がデキて

かと言って計算高いわけでもなく、さっぱりと付き合える。

そんな男性と仕事の話をしていると

たまらなく心が躍る自分がいるのです。

 

そして、

「その人のようになりたい」

と強く思うことで、

自分が成長するための新たな一歩を

自然と踏み出しているのです。

 

 

 

私にとって

『目標としたくなる、デキる男性』

と、お仕事で関わることは

大きな意味があるのだと思っています。