· 

偽いい子

『いい子』に見られたい。

自分の中に

まだそんな気持ちがあることに

昨日気が付きました。

 

 

 

本当の私は…

ぐうたらな女。

要領も悪い。

毒も吐くし。

心の中はとても人様に見せられるものではない。

 

 

どうして、それを偽って

『いい子』

に見られたいか。

それは、心のどこかに

「嫌われるのが怖い」

という気持ちがあるからなんですよね。

 

 

でも…冷静に考えると

そんな偽りの自分を好きになってもらうよりは、

ダメな自分も含めて、好きになってもらったほうがいい

と思いました。

 

 

言い方を変えると

ダメな自分を知っても

慕ってくれる人、

見放さないでいてくれる人が

本当の私の味方。

理解者。

 

 

誰かとの絆を深めたいなら

他の人に嫌われてもいいから

変に自分を偽る必要はない。

 

 

恐れるな、私!