· 

再び、オッサン

オッサンはやっぱり次元が違う。

先日、またそう思う出来事がありました。

 

 

尊敬していた人のSNSが

ちょっとがっかりする内容で…

モヤモヤがとまらなくて。

 

オッサンにメールしたんです。

 

きっと、オッサン以外の人だったら

「それは、確かに嫌だよね~」

とか

「その人の言っていることが正しいんじゃない?」

とか、

そういう類の答えがきたでしょう。

 

 

 

オッサンから返ってきた内容。

『人は人

 自分の思うようにはならない。

 そもそも、自分の思うようにしようとする思い

 それは偉そうな心』

それ見た途端に、自分の中のモヤモヤが一気に晴れました。

 

 

その人を尊敬していたのは自分自身。

そして、その人に「こうであってほしい」と勝手に期待していたのも自分。

モヤモヤは、その人のせいではなくて

自分のせい。

傲慢な気持ちがあったから。

 

 

そんなことを短い言葉で教えてくれたオッサン。

 

 

 

 

やっぱり、オッサンはすごい。

 

 

オッサン、ありがとう。