· 

「底辺」を知っている強さ

「底辺を知っているって、いいことだよね」

昨日、

最近親しい女性とそんな話になりました。

 

 

お互い、人生の中で

「底辺」とか

「暗闇」とか

そんな表現をするような時期を経験しています。

 

 

それがあるから、

何か辛いことがあっても

「あの時に比べたら、まだマシ!」

って思えるんだよね。

そう、笑い合いました。

 

 

辛かったり

しんどかったりする最中は、

「なんでこんな目に合うんだろう」

「もう嫌だ」

そんな風に思うことも多々ありました。

今もあります。

 

 

でも、それは

時間が経つと

経験値という財産になる、

ということを知ってからは、

「辛いことも無駄ではない」

と思えるようになりました。

 

もちろん、

心の整理や

傷が癒えるのに

時間がかかることもあるけれど、

「辛いこと」

として、

無理矢理、封印してしまうよりは

ずっと心が楽でいられます。

 

 

 

自分の辛い経験が

自分の成長や

誰かのために

少しでも役に立つなら

それは決して無駄ではありません。

そう今ここで言えるのは

やっぱり、

あの「底辺」の時代があったからです。

 

経験してよかった!