· 

夜の不安と脳のしくみ

実家に咲いていたチューリップ。今年もキレイに咲いてくれました。

 

最近、夜になるとたまらなく不安が襲ってきます。。。

そりゃ、個人事業初めて1年ちょっとで上手くいくわくないんだけれど、夜になると逃げ出したくなるほどその不安が大きくなります。

 

 

でもね、これ、脳が疲れているってことも関係あるって、

みなさん知っていました?

 

一日働いた脳は、夜になるとヘロヘロ。

だから、負の気持ちが大きくなっちゃう。

遅くまで残業していると仕事の効率も悪くなるのも、そういった脳の状態が関係ある。

 

何で読んだか忘れましたが、そんなことを知りました。

それ以来、夜に不安や寂しさなどの負の感情が大きくなったときは、

「あ、疲れているんだな」

と思えるようになりました。

 

 

それから「五月病」ってありますよね?

これも5月は自律神経が乱れがちということも原因だそうです。

と、知っていれば

5月に鬱々とした気持ちになっても

自分を責める必要はなくなるかと思います。

だって、そういう時季なんだもの。

「この時季はこういう状態になりやすいんだよな」

と知っているだけでも、だいぶ気持ちが楽になります。

 

 

不安、寂しさ、怒り、嫉妬…

負の感情になったときに

その自分を否定するのではなく、

無理矢理その気持ちを押し殺すでもなく、

「こういうこともあるよね」

「今は疲れているんだな」

と思えたら、

ちょっとは楽。

 

 

それで負の感情が消えるわけではないけれど、

自分が疲れていることに気が付けるというのは、

「よく頑張ったな自分」

「少し休みを増やそうかな」

 

と思えるから。

 

 

私は、ちょっと休息が必要なようです~(;´∀`)