· 

脱、耳たぶコンプレックス

ワークショップで作ったノンホールピアス。宝石には興味はないけれど、オシャレができると思うとやはりワクワクします♪

 

 

先日、久しぶりに姉と会い、私が付けていたノンホールピアスの話から、耳たぶの話に。

 

そう、我が家は、祖父から受け継がれた立派な耳たぶ一家なんです。

福耳でいいね~と言われそうですが、思春期の頃は、とにかくこの耳たぶがコンプレックスでした。

 

どうやら姉もそうだったらしい(笑)

 

女性らしい色っぽい耳たぶにものすごく憧れました。

耳は整形できないと知り、愕然としたこともあります。

 

 

そんな立派な福耳だから、

ピアスの穴なんて開けられないと諦めていたし、

むしろ耳が目立たないような髪型を意識していました。

 

 

ま、年齢とともに、諦めがついて、ネタにしていましたが(笑)。

 

 

そんな中、起業して出逢った友人に教えてもらったノンホールピアス。

(穴がなくてもできる、はめるだけのイヤリングみたいなもの)

これと出逢い、一気にコンプレックス解消!

最近は、毎日ノンホールピアスを選ぶことが楽しくて仕方ありません。

 

 

ノンホールピアスは、耳たぶが薄い人にはあまり向かないので

むしろ耳たぶが厚くてよかったと思っています(笑)

 

 

起業していなかったこれを教えてくれた友人に会うこともなく、

私は一生、耳たぶを隠して生きていたかもしれません。

 

 

 

 

見た目のコンプレックスなんて、あげたらキリがないけれど。

それを逆手にとっていい方向に持っていく方法って実はあるのかも。

ただ、知らないだけのこと。

知るためには、自分がどんどん動いて発信して、情報を得やすい状況にする。

そんなことも必要なのかもしれない、と思いました。

 

 

「あの人はいいな~」

って妬んでいるより、

精神的にもずっと楽ですしね。

 

 

自分がコンプレックスと思っていることが

人から見たら、魅力的に見ていることだってあるのかもしれません。