· 

トゲトゲな世の中は悲しい

最近、パソコン作業が多いので、比例するようにコーヒーの量も増えております(-"-)

 

 

先日、テレビで、病的に万引きをしてしまう患者さんの特集をしていました。

中にはそれが病気であることにも気が付いていない人もいらっしゃると。

なんとも苦しくなりました。

(以下、もちろん、犯罪はいけないことという前提で書きます。)

 

 

 

アルコール依存症とか、ニコチン依存症(煙草)、は、耳にする機会も多いから、もしかしたら自分も依存症?と、ちらっとでも思えることがあるかもしれません。

でも、一部の『〇〇依存(症)』と言われるものは、それが病的であるということに気が付ける機会すら、あまりないかもしれないな…と思うんです。

 

 

人は、みんな強いわけじゃないから。

何かに依存したくなることって、確かにあるのだと思います。

 

 

スマホやゲームの世界。

子ども、親、恋人など、身近な人。

買い物、仕事、地位、名誉など目に見えないもの。

きっと上げたらキリがないんじゃないかな…。

 

 

私も、もしかしたらすでに何かに依存しているのかもしれません。

 

 

そう思うと、弱い人を責めることなんてできるはずがありません。

むしろ、

弱いと言えずに苦しんでいる人が「弱い」と言えるような、

それをお互いに受けいれられるような、

そんな世の中になってほしいなと思います。

 

 

メディアやネットを見ていると。

なんだか、トゲトゲしていて。

弱い人を見つけたら、一斉に攻撃して、

何かのはけ口にしているように感じてしまうことがあります。

 

そうしてしまう人もまた、

心のどこかに弱さを抱えて苦しんでいる人なのだと思います。

 

 

 

だったら、攻撃し合うより。

お互いに励まし合ったり

弱音を吐いたり、聞いたり、

支え合ったり。

 

 

そのほうが、

みんなもっと楽になれるんじゃないかな、

なんて思います。

 

きれいごとって言われそうですけどね。

でも、そんな考えのヤツがいてもいいじゃないですか?