· 

服装に悩むお年頃

このパーカー。星の刺繍が入っていたり、裾が丸みを帯びていてかわいいと思うのですが、見ようによっては防犯パトロールの人っぽい…。

オシャレって難しい(笑)

 

 

昨日、医療職の子が

「白衣って患者さんに威圧感を与えるから嫌いなんですよね」

と言っていて、とっても共感しました。

これを分かっている医療従事者…全国にどのくらいいるんだろう?と思います。

 

 

服装が人に与える影響って、大きいと思うんです。それは受け取る側が無意識な場合も含めて。

 

 

例えば、先日私が講師を務めさせていただいたとき。とても服装に悩みました。

依頼者は行政の人たちだからきっとスーツ、でも参加者さんは間違いなくラフな服装。自分としてもその会をあまり固い感じにはしたくないけど、講師としてどうか…?

結果、きっちり目のニットとおとなしいスカートで行きました。

(それが正解かどうかは分かりません)

 

 

反対に自分が参加者側の場合。講師の先生が、あまりにも私服っぽいと気になってしまうこともあります。

それが会の雰囲気とマッチしていない場合は特に…。

「ん?この人は信頼できる人なのかな?」という疑惑から入ってしまいます…。

それで、ふんぞり返って足組んで話されたりしたら、もう私は話の内容に集中できません(笑)。

あくまでも、それは私が思う「講師像」とかけ離れているから、という私の問題です。

 

 

でも。せっかくいい話をするなら、もったいないんじゃないかな?と思います。

勝手に思うだけですけど(笑)

何もわざわざマイナスポイントを作る必要はないかな、と。

 

 

 

フリーで、服装の自由が利く分、余計に服装や立ち振る舞いでの『第一印象』は

大切にしたいな、と思います。

 

 

と同時に、年齢に見合ったおしゃれも心がけたいなとも思います。

 

 

話す側が、適正な服装で、でもどこかおしゃれで

「この人の話を聞いてみたいな」

と聞く側に思わせることができたら…

お互いに気持ちいいと思うんですよね。