· 

ホットカーペットのような存在に

自宅のホットカーペットが壊れました。。。

買い替えるのに結構なお値段がするので、エアコンだけで我慢しようかとも思いましたが、壊れてあらためて感じたこの子のありがたさ…。ということで、新しいものを買い、寒さから無事に解放されました。

 

 

人もモノも同じかもしれません。

いなくなって(モノであれば無くなって)、あらためて分かるそのありがたさ。

 

逆に、いなくなっても(無くなっても)平気ということは、それまでの存在ってことなのかも…。

 

 

10年以上前の私の結婚式で、親友が、私が自分で言ったのに忘れていたことをスピーチで言ってくれました。

「『いてもいなくてもいい人じゃなくて、誰かにとっていなくて困るような人になりたい』って言ってたよね」

そう、若い頃そんなことを想っていました。

 

誰か1人でも、自分がいなくなったら困る!って思ってくれる人がいたら、

それだけで幸せですよね。

 

そしてそんな存在になるためには、自分を磨く努力も必要だし、自分をさらけ出して知ってもらう勇気も必要なのかな、と思ったりします。

「どうせ自分なんて」と投げやりになったりしないことも大切かも。

 

 

だって、この世に生まれてきたからには

絶対に意味があるもの。

それを見つけることを諦めなければ、誰かにとって必要な存在になれるんじゃないのかなぁ。

 

 

起業して1年と1日。

誰かにとって、『いなくちゃ困る存在』になれるように、努力していこうとあらためて思います。

同時に、自分にとって『いなくちゃ困る大切な人』には、

例えウザがられても(笑)、それを言葉にしてきちんと伝えていこうとも思うのです。