· 

「だから」じゃなくて「だけど」を目指す

コンビニを利用すると話すと、「栄養士さんでも利用するんですね」と驚かれたり、ほっとされたりします。

栄養士だけど、コンビニも行くし、嫌いな食べものもあります(笑)

 

 

少し前に、行政の人とお話をしていたとき

「この1年、管理栄養士の資格を活かしきれていない感じはありました」

と自分で言って、その後ものすごい違和感がありました。

あれ?これ本心じゃないよね?って引っかかって…じゃあどこか本心と違うんだろう…とずっと考えていて、ふっと答えが出ました。

 

私は、「管理栄養士だからできること」よりも「管理栄養士だけどこんなこともできる」という仕事をしたいんだ、ということ。

 

それは起業前からの習慣?で、「私は栄養士だから、こんなことできません」というのが嫌でした。

嫌というか、「忙しいのはみんな当たり前なんだから、資格云々言わないでやれることはやろうよ!」という考えだったからです。(結果、仕事を抱え込みすぎることも多々あり、そこは反省ですが…)

 

 

今も時々「管理栄養士さんなのにもったいない」と言われることがありますが、違うんです。

「管理栄養士のPOP屋」なんて他にいないだろうから、やりたいんです!

誰もやったことないことなんて、楽しそうじゃん!みたいな(笑)

 

 

これは仕事だけじゃなくて生き方にも言えると思うんです。

「個人事業主だからできない」

「お金がないからできない」

「家族が~~だからできない」

「私は、こういう人だからできない」

と、できないをあげていくより

「個人事業主だけど、こんなことはできる」

「お金がないけど、これならできる」

「家族が~~だけど、その分気楽に~~できる」

「私は、これは苦手だけど、これならできる」

と、できることを見つけたほうが、心にもいいし、笑顔でいられる気がします。

 

 

管理栄養士だけどこんなこともできるんです。

アホですけどこんなことは得意なんです。

 

 

そんな風に、来年も新しいことに挑戦していこうと思います。