· 

あらためまして。告白と決意。「私は私らしく生きていく!」

ちょっといろいろありまして(笑)。

ま、そりゃ、生きていればいろいろあるか(笑)。

 

あらためて告白&決意表明させていただきます。

 

 

今までのブログを読んでくださっている方はご存知かと思いますが、私は前職でうつ病になりました。

カウンセリングと薬の治療を始め、お薬だけは今も続けています。

起業してから、「もう薬必要ないんじゃ?」って思うくらい症状は落ち着いていて、毎日泣いたり笑ったり、人間らしく生きております。

 

うつって聞いて、「ええ!」と思う人もいるでしょう。

でも、10人に1人はうつになる時代。あなたの周りにも言い出せないだけ、もしくは治療をしていないだけで、うつ病の人はたくさんいるんですよ。

 

なんで言い出せないか、治療が遅れるか?の理由の1つが、周囲からの偏見です。

これは、うつ病に限らず、他の病気に関しても言えます。

その病気への理解がなく、勝手な思い込みや誤解によって、病気と闘っている人がさらに傷つく。さらに無理をする。治療が遅れる。悪化する。そんな悪循環になります。

 

 

私も、医療の現場で働きながらも、その偏見を十分に味わいました(苦笑)

 

 

でも同時に、病気について調べてくれたり、寄り添ってくれたりする、真の友人の存在も実感できました。

そして、自分の生き方を見直すきっかけになりました。

うつ病になって、よかった。そう思います。

後悔は、もっと症状について知識があって早く受診できていたら…ということくらい。

 

だから、自分がうつ病経験者であることをどんどん発信して、世間の偏見を減らして、治療が必要な人は適切な治療が早く受けられるようになればと思っています。

 

 

誤解しないでいただきたいのは「病気だからやさしくして」とかそんなことは思っていません(笑)。

病気の1つや2つ、誰しもあるもの。

そう受け止めて前を見ているほうが好きです。

 

 

周囲に対しての考え方も変わりました。

 

 

その人にしか分からないその人の事情がある。環境がある。個性がある。得手不得手がある。性格がある。

どうしたって考えが合わない人もいる。

それは、誰が悪い、誰が正しいとかじゃない。

 

 

そのことを頭の片隅に入れておけば、穏やかでいられます。

周囲に対しての怒りも減り、何より自分自身が楽になります。

 

 

まだまだ、私も100%その域に達してはいないけれど、

それでも前よりもずっと周囲に対するイライラが減りました。

自分らしく生きようと思うようになりました。

 

 

私のことが嫌いな人がいても

私の言動にイライラする人がいても

私は私。

 

 

もう過剰に周囲の反応ばかりを気にしたり、自分を犠牲にしたり、疲れるほど気を遣ったり。

そんな生き方には戻りたくありません。

 

 

自分でもまだ、どれがありのままの自分かよく分かっていません。

自分大好き人間にもなれていません。

でも、今の自分を受け止め、理解してくれる人たちと、お仕事したり、お酒を飲んだり、おしゃべりしたりしながら、一度きりの人生を生きていきたいと思っています。