ここにいるよ

読書が好きだったからか、元々なのか、感情移入しやすいほうです。

プラス、前職の職業病か、相手に共感する力、雰囲気や口調から何かを感じ取る力はわりとあるほうだと思います。

 

 

それゆえに、相手から苦しみなり、孤独なり、つらさなり、そんな何かを感じとるとたまらなく涙が出てきて、どうにか力になってあげたい、と思ってしまいます。何もできないのが分かっているのに、相手の心の奥を想像したときに、自分の胸が締め付けられるくらい共感?共鳴?してしまうんですよね…。

 

 

じゃあ、何ができるの?って聞かれたら、話を聞いてあげるとか、背中をさすってあげるとか、一緒に泣いてあげるとか、そんなことくらいしかできない。

本当は相手がヘルプを出す前に気が付いてあげられればいいのだけれど、離れているとそんなこともなかなか難しい。

 

 

だから、せめて伝えておきたいんですよね。

「何かあったら、ここにいるからね」「ここにおいでヾ(・ω・`)」

って。

 

 

今、もしも、自分は1人だって思っているあなたにも、あなたが気が付いていないだけで、あなたを助けてくれる人、話を聞いてくれる人、待っている人はいるんじゃないのかなぁ?

 

 

苦しい時は、頼っていいんじゃない?

 

 

そして、あなたが元気になったら、また別の人に言ってあげればいい。

「何かあったら、ここにいるよ」

そして、そっと待ってあげるのも、愛情の1つだと思います。