他人の価値観で自分の好きを曲げない

久しぶりにゆっくり読書。

私の大好きな喜多川泰先生の本。

 

どの本も、いつも、最後の章は泣かされます。

ほっこり、胸があったかくなるのと同時に、涙が止まらなくなります。

 

 

詳しく感想を書くよりも、実際に読んでほしいから、一部だけあなたにおすそわけします。

 

 

 

他人の価値観で自分の好きを曲げない。

 

どうせやるなら…最低限のラインを超えてみる。

 

 

 

自分の環境は、自分で変えられるんだ、と背中を教えてもらえました。