弱さを見せてもいいんじゃない?

 さすがの3連チャンイベント出店でダウンしていたら、息子がなんと夕食を作ってくれました!

卵焼きも1人でひっくり返せて、完熟トマトもつぶれないように引いて切って、本人も「俺ってすごいな」と、満足気!

 小学生の息子に夕食を作らせるなんて、ダメな親と思われるかもしれないけれど、たまには甘えてもいいでしょ!と思います(笑)。

 

 なんで、人って、弱さを見せちゃいけないって思っちゃうんでしょうね。頑張りすぎる人ほど、弱さを見せちゃいけないって思う人が多い気がします。

 いつも弱さしか見せないのも、そりゃどうかと思うけれど(笑)、いっつも見せないのもしんどい。心の中で「誰か助けて~」って言いながら、ニコニコしていなきゃいけないって、とっても辛い。

 だから、たまには気の許せる誰かの前で、弱さを見せてもいいんじゃないでしょうか?

 

 先日、FB友達(と言っても人生の先輩)が私に送ってくれた言葉です。

誰かのためにがんばれること。無償の愛情を誰かのために注げる人はきっと、誰にも言えない哀しみも知っていると思います。」

…泣きましたね。そりゃ、泣くでしょ。会ったときのない人でも、どこかで自分の頑張りを分かってくれている人がいる、弱さを見せても許してくれる人がいる、そう感じました。

 

 だから、あなたも、泣きたいときには泣いていいんだよ。

 弱さを誰かに見せてもいいんだよ。