目的と手段

 今朝撮りたての空です。雲1つない青空も好きだけど、雲の表情を見るのもまた楽しい。

 大切なのは、空を見上げる心の余裕をもつことだよな、と思っています。

 

 クラウドファンディングの伸びに悩む私に、起業前からお世話になっている北海道の八百屋さんから早朝にいただいたメール。

「目的と手段を間違えないほうがいいですよ」と。

 はっとしました。私の好きな本にも同じようなことが書いてあったことを思い出したから。

 私が今回、クラウドファンディングに挑戦しようと思った大きな理由(目的)は、『なつき屋』をもっと知ってもらうため、『なつき屋』の想いをもっと知ってもらうため。(もちろん岩手の美味しい野菜を知ってほしいとか、頑張っている人たちを応援したいという理由もあります。)

 クラウドファンディングの結果にだけ意識がいってしまうと、自分の中でなぜ今回挑戦しようと思ったかを見失ってしまうんですよね…。

 変な話、一歩間違えれば、お金を集めるためにはなんでもする!みたいな頭になってしまうこともあり得る。もしそうなったら、たとえクラウドファンディングが達成したとしても、なつき屋としての信用度は下がり、今まで築いた人間関係すら壊れてしまうことになる可能性もあります。そしたら…元も子もない。

 

 もちろん、達成したいです!リターンの品に協力してくださった方々のためにも。

 でも、もしも達成できなくても、リターンの品に協力してくださった方々のためにできることは、これからももっとあるんですよね。

 なつき屋が自分の信念にぶれずにやり続け、いつかもっと大きく成長したときに、今回のクラウドファンディング以上のお返しをすることもできるかもしれません。

 

 そんなことに気が付いた、朝のメール。本当にありがたかったので、おすそ分けです。

 

 あなたは、今、なんのために『それ』をしていますか?

 『それ』は、何かを達成するための手段ですか、『それ』そのものが目的ですか?

 自分の中で『目的と手段』を間違えていませんか?

 あなたが、本当に大切にしたいものはなんですか?