· 

なんか切ない

 TVでは、芸能人・有名人などのスキャンダルが連日報道されています。女性問題、金銭問題、薬物使用などなど。

 もちろん、悪いことは悪い。それはもちろんのことです。

 でも。その報道の仕方や、コメンテーターや街の人の声などを、一歩引いて聞いてみると、なんて人の評価って簡単に変わるんだろう…となんか切なくなることがあります。

 

 

 この間までは、かっこいい!素敵だ!素晴らしい人だ!と言われていた人が画面上から消えていく。

 それが、現実で仕方のないことなのだと思うけど、なんか切ない。

 

 みんなそんなに聖人君主じゃなのだろうか?と思ったり。

 

 自分も、何かあったら、簡単に切り捨てられるんだなと思ったり。(実際、そう感じた経験もあるから、余計にそう思う)。

 

 

 悪いことをしたらきちんと反省しないといけない。

 辛くても生まれ変わる努力をしないといけない。

 でも、それには周囲が手を差し伸べることも必要なんじゃないのかな…。

 なんて、悶々としてしまうんです。

 

 

 私が忘れられないのが、薬物使用で捕まった歌手へ、裁判官が判決のあとに添えたひと言。

「これからも、素晴らしい歌でたくさんの人をしあわせにしてください」

 ちょっと記憶がおぼろげだから、違うかもしれないけれど、こんな内容でした。

 今も、その歌手の方は活躍されています。

 その裁判官の一言がなかったら、もしかしたら、その方はここまで立ち直れなかったんじゃないか、そんなことを勝手に想うのです。