無駄なことなんてない

今朝のTVで所ジョージさんが面白いことを言っていました。ちょっと文言は違うと思いますが、要はこういう中身でした。

 

 

「大人はさ、これをすると時間がもったいないとか無駄になるとか計算しちゃうじゃん。でも子どもはそんな計算なんてしないで、砂遊びをして学ぶでしょ。だから、大人も無駄だとか思わないで、やってみればいいんだよ。そこから分かることがあるんだから。」

 

「あとさ、よく『仕事がルーティンでつまらない』なんて言うけどさ、そんなの自分で変えればいいんだよ。例えば、靴下を片方だけしか履かないでいって、1日バレないかドキドキして過ごすとかさ」

 

なるほど~!と思いました。発想の転換ってこういうことなんだな~と。

 

大人って、知らず知らずのうちに、自分で自分の視野を狭めたり、つまらないものにしていることがありますよね。損得勘定を無意識にしていたり。

 でも、逆にいうと自分の力で、自分の視野を変えることも、楽しくすることもできるっていうことなんだなぁ~。

 

そして、言い換えれば、どんな経験も無駄なことではないということなんですよね!!

1つの経験を

「無駄だった、失敗だった」と思うのも自分。

「辛かったけど、あの経験があったからよかった」と思うのも自分。

 

そんなことを考えさせられた今朝でした。