· 

心のこもった「大丈夫?」

 昨日、感激したことがありました。

 知人と仕事の電話をしていたときに、ふいに「この間Facebookで落ち込んでいたみたいだけど、大丈夫ですか?」と言われたんです。「元気出してください。」って。

 嬉しかったなぁ…。まさかそんなこと言われると思っていなかったから。本当に嬉しくてありがたくて、この人とはずっと付き合っていきたいなと思いました。

 

 私、『大丈夫?』って言葉には2種類あると思うんです。

 1つは、とりあえず声かけておけばいいか、みたいな「自分の罪悪感を減らすための『大丈夫?』」。言う側はそこまで考えていないかもしれません。また、相手の受け取り方(相手の心の状況)がよくない場合もあると思います。(これは私自身がそうだったことがあるので…( ;∀;))

 でも、『大丈夫?』って聞いたときに相手が(本当は大丈夫じゃないのに)「うん、大丈夫」って言わざるを得ない空気のときって、ありませんか?

 そして、相手の「うん、大丈夫」を聞いたあとに、「じゃあ、よかった。私は、大変なんだよね…」なんて話始めたら、それは完全に「とりあえず言った、自分のための『大丈夫?』」じゃないかなって思うんです。

 

 頑張りすぎていたり、働きすぎていたりして、心が正常な判断ができなくなっていると、自分では大丈夫って思っていても、周囲からは大丈夫じゃないように見えることがあります。

 そのときは、本人が「うん、大丈夫」って言っても、「大丈夫じゃないんじゃない?心配だよ」ってもう一声添えてあげることも必要なんじゃないかなと私は思います。私はそうしてきたつもりだし、そうして欲しかったこともあるから…。

 そして、それは「本当に相手を想って言う『大丈夫?』」から始まると思います。

 心がこもった『大丈夫?』の一言で、「あなたを気にしているよ」「あなたの存在を認めているよ」「あなたの頑張りを知っているよ」って、メッセージを伝えることもできると思うんです。

 そのメッセージが伝わったら、相手は安心感や温もりを得ることができ、その積み重ねで信頼も深まるんじゃないかな。

 

 そんなことをあらためて考えて昨日でした。

 あなたはどう思いますか?