· 

本当のつながり

Facebookを仕事のため、と思って渋々始めた頃、正直言って何が楽しいのか全く分かりませんでした。

顔の知らない人100人から、形だけの「いいね!」をもらうより、1人の大切な友人から「頑張ったね」って言われるほうが断然しあわせだと思ったからです。

今も、その考えは変わっていませんが、でもFacebook上だけでも本当に信頼できる人とつながることができるんだ、ということは日々実感しています。

会ったときもない私を応援してくださるFB友達(というより人生の先輩方)には、心から感謝しています。

最近、自分が嫌いなんて思わなくなったのは、そんなみなさんのおかげかもしれない、とふと思いました。

 

写真は、なんの本だったか忘れてしまいましたが、少なくともこの写メを撮った時、私は誰と本当につながっているんだろう?と不安になっていた頃だと思います。

今こうしてあらためて読んでみると、数年会っていなくてもその存在がホッとする友人は、本当につながっていると感じます。

集団の中で嫌われないようにと必死だった私は、表面上の付き合いだったから、満たされなかったのだろうと過去を冷静に振り返ることもできます。

 

SNSが発達して、知らない人とも形だけはつながれるようになった時代。本当のつながりについてあらためて考えてみませんか?