福の神って、どんな神様だと思いますか?

もう何度も何度も読み返している私のバイブル。

喜多川泰先生の『「福」に憑かれた男』(サンマーク出版)。この小さな文庫本には、題名から想像もつかない大きな発見・感謝・しあわせ…たくさんのものが詰まっています。

 

表紙には、「がんばっている全国の本屋さんに捧げたい」とありますが、「がんばっている全国のみんなに届けたい」というのが私の気持ちです。

 

福の神って、宝くじを当てて億万長者にしてくれたり、何もかも順調にいくようにしてくれる神様だって思っていません?

私も、正直そう思っていました。

でも、この本を読んで、真逆だということを知り、考え方ががらっと変わりました。

要領が悪くてコツコツとやっている自分が、なんだか少し好きになりました。

うまくいかないときの主人公の気持ちも、痛いほどよくわかって、だからこそ、最後の結末にほっこりした涙が流れました。

 

本当のしあわせって、なんだろう?

どうして、自分は今こんなに何もかも上手くいかないんだろう?

頑張っているのに報われていない…。

 

そんなことを思っていたら、この本を読んでみてください。

真っ白な気持ちで読めば、すうっとやさしい風があなたの心に吹いてくると思います。